視覚障害者友好協会福岡支部が訴訟の学習会を開催

 さる、2月15日(日)午後2時から、福岡市のあいあいセンターで、視覚障害者友好協会福岡支部が自立支援法訴訟についての学習会を開催されました。講師として私が呼ばれ、原告の思いや1月30日の第1回口頭弁論の様子、そして全国の動向などを報告させていただきました。




 視友協の会議の一部をいただいての学習会で、20名弱の参加だったかと思います。話のあとの質疑は実に活発で、訴訟の内容についての質問から自立支援法への意見など、幅広く意見交換を深める場となりました。神戸地裁では視覚障害の方も原告になっておられるということで、地域を超えたこの取り組みへの連帯も感じることができました。
 また、視覚障害者友好協会福岡支部として、裁判所の見学なども検討されているとのことで、自立支援法訴訟をきっかけに、障害のある人の裁判への参加の在り方についても考える機会となっています。
 会議後、勝利をめざす福岡の会への団体としての加盟も確認していただくと同時に、個人としても何名かの方が入会してくださいましたよ。これからも、団体の枠を超えて、連携の輪を広げていきたいと思います。

第2つくしの里 赤松英知
[PR]
by ymce | 2009-02-23 12:37 | めざす会の活動
<< 学習会のご案内 「自立支援法訴訟について」 い... >>